幹細胞コスメの効果を検証

化粧品の技術は年々進化していて、最先端のアンチエイジング効果が得られると注目されているのが幹細胞美容液です。
再生医療の現場では幹細胞は細胞の自己再生力を高めるとして、取り入れられています。

 

まずは幹細胞について知っておきましょう。
幹細胞は肌だけではなく体のあらゆる部分に存在していて、新しい細胞を生み出す力を持っています。
細胞分裂して細胞を増やしたり自分の複製を新たに作ったりして、元気な細胞を増やす働きを持っています。
そんな細胞を生み出し自分の能力をコピーできるのが幹細胞です。

 

幹細胞美容液はそんな幹細胞の培養液などが配合されていて、肌細胞そのものを再生する力を高める美容液です。
肌にある幹細胞は肌表面のターンオーバーに関係する表皮幹細胞と、コラーゲンやヒアルロン酸を作っている真皮幹細胞です。

 

幹細胞美容液が表皮に働いてくれると、角質層などの表皮細胞を活性化してくれます。
バリア機能がしっかりと働くようになり水分の蒸発を防いでくれますから、乾燥を防いでしっとりと潤いのある肌でいられます。

 

肌の奥の真皮層では、繊維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸などを作っている細胞が活性化してくれます。
しわやたるみなどの年齢肌の悩みはこの線維芽細胞の衰えが原因ですから、線維芽細胞の再生力が上がることで悩みが改善されてきます。
コラーゲンやエラスチンなどのハリ物質、ヒアルロン酸などの潤い物質などが肌の奥で増えてくれますから、肌の内側から潤いとハリのある肌になれます。
肌の土台が元気になりますから、しわが薄くなってきてハリが戻りたるみが軽減されます。

 

今までのエイジングケア用美容液は美容成分が多数配合されていて、肌に栄養として与えることが主な目的です。
足りないものを与えて肌のコンディションを保つことで、年齢肌の悩みを改善に導いてくれます。

 

しかし、幹細胞美容液は元々肌にある幹細胞を活性化させてその働きを高めて、新しい肌細胞を作らせるのが主な目的です。
元気で新しい肌細胞がしっかりと働いてくれることで、肌が元々持っている力がよみがえってきます。
その結果、肌の修復や再生能力が高まってくれて、肌が自分でしわやたるみを軽減してくれたり、ターンオーバーが早まってシミを追い出しやすくなります。
肌そのものが若返ってくれてアンチエイジングの役目を果たしてくれます。

 

今は化粧品も細胞レベルでの働きを追求できる時代に来ています。
肌の再生力を高めてくれる幹細胞美容液で、自らの肌の力を引き出してあげてアンチエイジングに役立てていきましょう。